忍者ブログ

お休みなんですか?

2015年04月12日
キャッチボール

約3カ月に一度のあの時間。それは・・・・



美容院での美容師さんとの会話です。

美容師さん、
今日はどんな感じにしますか?
私、
基本いつもどおりでお願いします。』等と
今日のオーダーを済ませると、
まずは、シャンプー台に移動して、
軽く髪を洗って貰います。

改めて席に戻ったら、
いよいよカッティングがスタート。

そして、
今日は、お休みなんですか?』って聞かれて、
美容師さんとの会話がスタート。
で、
休みの日に行くことが多いから、
私、
はい・・・・。
美容師さん
そうなんですね。・・・・・
・・・・・沈黙・・・・・

最悪な場合、
いきなり会話終了みたいになってしまうときありませんか?

美容師さんが気を聞かせて、2、3回質問をしてくれても、
会話が盛り上がらないと、
その後、気まず~い雰囲気・・・・・
になったことありませんか?

折角、仕事がお休みの日に
わざわざ美容院に出掛けて、しかもお金を払って、
髪を切ってもらっているのに、
心はモヤモヤザワザワ何か落ち着かない

"うー、一体何なんだ!辛すぎる!この時間っ。"

私も少し前まで、美容院に通う度、悩みをかかえていました。

でも、最近、
以前ほど気にならなくなりました。

今でも会話なし=沈黙になるときはあります。
が、
"何とか会話をしなきゃ"っと意識しなくても平気です。

それは、無理矢理会話をしなけりゃって
思わなくても会話が出来るようになったから。

どうすればいいのか???



answer
"相手の方に興味を持ってみる。"です。

だから、
とりあえず何でも質問をしてみればいいんです。
まずは答えにくいプライバシーなこと以外から。
キャッチボールが出来たときは、
ちょっと踏み込んだ質問をしてみる。

こんな感じを繰り返していけば、上手くいくような気がします。

結果的に美容師さんについての情報が一つずつ増えていくから
親しくもなれますね!

あと、
"今は静かにしてたい(積極的に会話をしませんよ)"と
先に自分から宣言してしまう。

これ、会話をしなけりゃという義務感を
リセット出来る有効な方法です。

美容院 美容師 会話

拍手[1回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログランキング