忍者ブログ

FIGHT VS

2014年02月23日
ライバル

SOCHI 冬季オリンピックが無事閉幕。

あくまで私の個人的見解ですが、
事前に金(または銀、銅)メダル獲得確実等と騒がれていた選手ほど、
世間でいうところの残念な結果だったように感じました。

メダル獲得目標10個とか、
確かに目標設定は、必要かもしれないけど、
マスコミが騒ぎ立てすぎな気がします。

オリンピック代表になることだけで、
十分素晴らしいこと。
そして、勝負において本当に勝たなければならないのは、
自分自身。

フリースタイルモーグルの
U村愛子さん。
フィギュアスケートの
A田真央さん。

両者ともにメダル獲得はならなかったけど、
試合後の清々しい笑顔が
とても印象に残りました。

「完璧だと思える滑りができた!」

おこがましいですが、
3年前に挑戦した資格試験の二次試験のときの感覚と似ているなと。

所定の時間内に与えられた条件を
満足するプランを作成して、
図面を書き上げるというもの。

試験前、傾向を調べたり、
プランニングの練習はしていたものの、
通しで時間内に書き上げたことが
ありませんでした。

だから、ぶっつけ本番ではありましたが、
絶対いけるはずだと自分を信じて、
取り組んだ結果、
見事時間内に完成させることが出来ました。

筆記の一次試験のときも同じでしたが、
完全に自分との闘いにスイッチが入ってるときは、
周りは気にならないものだったように思います。

スポーツ選手の方々のような
物凄いプレッシャーは、なかったけど、
絶対に受からなければという気持ちだけは、
強く持っていました。

人間って強いな。
限界に挑戦し続けるスポーツ選手の方々の活躍を
みていて改めて感じます。

自分もまだまだやっていきますよ~。
しょっちゅう凹むけど。

浅田真央 上村愛子

拍手[1回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
« NEW BOOKING | HOME | 想定 »

ブログランキング