忍者ブログ

〇秘

2013年10月27日
情報

強い恐怖を感じます。

秘密保護法案、国会提出。

時代は常に変化している。
だから、それに応じて法律も変わっていく。
けど、この法律は、情報化社会の現代に逆行しているのでは?

福島原発汚染水問題、
何が事実なのか・・・。
国会中継のやりとり、ひどすぎる。

衆参院与党圧倒的多数という状況の中、
色々なことが短期間で決まっていっていいのだろうか。


新聞各紙の社説一部抜粋。

I手日報
情報公開に厚い壁をつくり、「知る権利」を阻害、国民主権を
じわじわとむしばんでいくような内容だが、
成立する可能性が高いとみられている。

A日新聞
法案は、行政府による情報の独占を許し、
国民の知る権利や取材、報道の自由を大きく制約する内容だ。

M日新聞
国民の「知る権利」が大きく制約され得る。
また、情報を得ようとする国民の活動自体が、
罰則の対象になる危険性をはらむ。

K都新聞
秘密指定の妥当性を第三者の目で検証できず、
秘密を扱う公務員や民間人は他に漏らすと厳罰に処せられる。
国会議員も同様だ。開示は限定され、秘密の内容に問題があると
判断しても国会で追及できない。

R球新報
何が特定秘密に当たるか、閣僚など「行政機関の長」が
恣意(しい)的に決められる点だ。


拍手[1回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ブログランキング